無印良品の壁掛式 CD プレーヤー「CPD-2」を壊す

無印良品の壁掛式 CD プレーヤー「CPD-2」を壊す

最近、ポータブル CD プレイヤーをいくつか買ったことで CD を聴くようになった。

円盤を回転させながら流す音楽は格別で、その回転を眺めながらビールなどを飲むと少し贅沢な気分になれる。

普段はポータブル CD プレイヤーを使っているのだけれど、なんとなく無印良品の壁掛式 CD プレーヤー「CPD-2」のスイッチを入れてみた。

音、悪っ!

小型スピーカーが内蔵されているわけだから、そんなに音質には期待していないけれども、さすがにこれはヒドすぎるだろう。

分解してみる

とりあえず中を覗いてみて、改善できそうな部分があれば対策を施したい。

分解してみる 1

前面は全体にスピーカーが内蔵されていそうなデザインになっているが、実際のスピーカーはこれだけ。

パワーアンプ TA8227PL が載っているだけで、プリアンプなどはないようだ。

まず、改善できそうな点としては、内蔵の小型スピーカーではなく外部のスピーカーに繋げてみることだろう。

分解してみる 2

スピーカーを取り外してみる。さすがにこんなスピーカーではまともな音が出ないはずだ。

これの代わりに ONKYO のスピーカーを接続してみよう。

内部にアンプが内蔵されているので、別途アンプが必要ないところはありがたい。

分解してみる 3

面倒くさいのでスピーカー端子の増設などはせず、小型スピーカーがついていた線にスピーカーケーブルを直結。

背面に開いている穴からスピーカーケーブルをのぞかせるとピッタリだった。

分解してみる 4

蓋を閉じるとこんな感じ。

このスピーカーケーブルを左右に配置した ONKYO のスピーカーに接続する。

宇多田ヒカルさんの「HEART STATION」のアルバムをリファレンス CD として使用させていただいた。

音、悪っ!!

改善してみる

音がザラザラしていて、薄っぺらくて、昔のラジカセのような音質。音が悪かったのは小型スピーカーだけのせいではなかったようで、根本的に音が悪い。

TA8227PL がダメなんだろうなぁと思ったけど IC を交換するとなると結構大変な作業になるので、音量ノブの直前から音声信号を拝借して別のアンプにつないでみよう。

改善してみる

だめでした。

1 時間ぐらいがんばったものの、音量ノブの直前はラインアウトには程遠い、めちゃくちゃ小さい信号しか取り出せなかった。

さらに TA8227PL のデータシートを見て、入力信号を横取りしてみたが結果は同じ。めちゃくちゃ小さい信号を TA8227PL ひとつで増幅しているから音が雑なんだろう。

改善するとしたらプリアンプを内蔵するか、パワーアンプを取り換えるかといったところだけれど「なげやり」の読者さんならもう分かるよね。

ダンボール

使えないものはダンボールに!

無印良品の壁掛式 CD プレーヤー「CPD-2」ってもう 10 年以上前の製品なので、最近の壁掛式プレイヤーは音質も改善されているのかもしれない。

ダンボール

しかし、私には普通のポータブル CD プレイヤーで十分だった。

結論

壁が広くなったので良かったです。

HEART STATION

HEART STATION
EMI Records Japan
リファレンス CD として一枚どうぞ。
Amazon で探す 楽天市場で探す

スポンサーリンク

関連する記事

フォローする