タイムリープ?maxell コンパクトデジタルカメラ WS30 SLIM

maxell コンパクトデジタルカメラ WS30 SLIM

ガラクタの中から見つかったおもちゃのようなデジタルカメラ。そのデザインは非常にシンプルで美しく、胸のポケットに入れて散歩に出かけたくなる感じ。

右は 2010 年発売のペンタックス Optio H90、左は大きさ比較のための iPod shuffle。

maxell WS30 SLIM

maxell WS30 SLIM は 2001 年に発売されたデジタルカメラ。

2001 年といえば 2001 年宇宙の旅、おまけに Kid A より新しい。つまり最先端ということではないか?どんな画質なのか非常に気になってきた。

ちょっと過去に行ってくる

この WS30 SLIM、USB 接続ができるものの USB A (オス) - A (オス) という特殊なケーブルなので探すのに一苦労。

そして Windows 10 に接続!

ストレージとして認識するかと思いきや、ドライバが見つかりませんと怒られる。どうやら専用のドライバを使わないとデータの取り出しができない模様。

メーカーのサポートサイトは消滅しておりドライバのダウンロードは不可能だったが、ラッキーなことに Internet Archive にドライバが保存されていた。

が、当然のことながら Windows 10 だと動かなかったので倉庫から Windows XP を発掘してきてインストール。

ちょっと撮影してみる

maxell WS30 SLIM

2001 年で記念撮影。

maxell WS30 SLIM

これが最新の技術力、35 万画素だ!

解像度は 640 × 480 ピクセルということで色々なものを失ってしまった感じはあるが、こういう画質だったなぁと懐かしくなる黄ばみ具合で哀愁。(写真をクリックすると原寸大で見られます。補正はしていません)

ペンタックス Optio H90

2010 年で記念撮影。

ペンタックス Optio H90

9 年でこの進化、1210 万画素だ!

画素数は向上したものの、全体的にちょっとぼんやりしている。解像度は 4000 × 3000 ピクセルだが、カタログ上の数値に技術が追い付いていない感じはある。

ガラケー

2019 年で記念撮影。

ガラケー

さらに 9 年でここまで進化!と言いたいところだが、このガラケーは 2011 年発売で 810 万画素。

でも、なんか色合いが素敵。

ソニー独自の裏面照射技術を採用した CMOS センサーとやらで、うす暗いところでも明るく美しい写真が撮れるらしい。

結論

ガラケーでええ。

スポンサーリンク

関連する記事

フォローする